母の日ギフト
母の日が終わり、ホッとしているお嫁さんも多いことと思います。
誰が考えたんでしょうね? 実母だけでも悩ましいのに・・・
母の日に姑に言われた最悪な一言、「あるある~」です。


死後離婚 [ 吉川美津子 ]   イマドキの不倫事情と離婚 [ 露木幸彦 ]

トラコミュ 家族の問題・困りごと、解決へのヒント   嫁・姑・舅・子姑・そしてバカ旦那

結婚している女性にとっては、実母だけでなく、夫の母親にもカーネーションを手配するなど、なにかと忙しい「母の日」。

それで喜んでくれれば苦労も報われるが、中には嫁たちの好意を無にし…とんでもない言いがかりをつけてくる姑もいるらしい。
姑の言い分嫁の言い分 [ 今井美沙子 ]

舅・姑・小姑ランキング ← 今日も地獄絵図…

鬼ババァが仏の顔に変わった瞬間 [ 多澤優 ]   嫁をやめる日 [ 垣谷美雨 ]
しらべぇ編集部は、既婚女性たちに「母の日にイラっとした」義母の行動を調査してみた。

(1)花束を見て「あなたとは血縁関係ないし…」と嫌味をいう
「結婚してから初めての母の日に、義母にもお花を贈ったんです。私を嫌っている雰囲気があったので、これがきっかけで仲良くできればいいなと思いましたが…

花束を見るなり『義理の両親ではあるけれど、あなたはとは血縁関係がないし、母の日なんてもらってもねぇ…』と苦笑。嫌味っぽくて私も嫌いになった瞬間です」(女性・36歳)

(2)拒否するくせに、ちゃっかり商品券だけ受け取る
「とある揉め事があり、不仲になっていた義母。こちらから折れようと、母の日にお花と、デパートに行くのが好きな人なので、商品券をプレゼントしたんです。

でも後日、贈った品とともに『あなたからの物は要りません!』と、怒った手紙が。しかし商品券だけちゃっかり抜き取られ、枯れたお花だけ返送されてきました」(女性・32歳)

(3)お花を贈れば「食べ物」、食べ物を贈れば「お花」
「母の日にお花を贈ったら『こんな無くなっちゃうのにお金をかけるなら、美味しい物が食べたかった』と言われ。翌年の母の日には、義母の好物を外食に。

しかしそこでは『食べ物なんかより、母の日だからこそ重みがあるカーネーションが欲しかった』と…。ただ難癖をつけたいだけの人だったようです」(女性・32歳)

(4)実母には「贈り物をする必要はない」と言われる
「母の日に、実母と義母を招いて食事に。そこでふたりにお花もプレゼントしました。しかしその夜に、義母から電話がきて『気になったことがある』と…。

そこで『あなたもう、うちに嫁にきた立場なんだから実母に贈り物をする必要はない』『花を買ったお金は、そもそもうちの息子の稼ぎだろう』と言われ…呆然でした」(女性・29歳)
https://goo.gl/W9uJ5O

トラコミュ バカ旦那と鬼嫁と変な姑、舅   遺産分割・遺言・相続・争族